スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿ノ谷  -洋小屋解体- (2)


11月3日の小屋組みトラス解体から基礎だけになるまでの様子。
間口約10メートルの合掌トラス、柱をクレーンで吊り上げ解体。
 
111103-2.jpg 




DSC_1771.jpg 




DSC_1773.jpg 




Imageれ2 




DSC_1782 (2) 



111104_140948~00 
 



DSC_1799.jpg 


 DSC_1813.jpg



DSC_1839.jpg 


長い年月支えてくれた基礎に敬意を払い、丁寧に箒で掃く。 
木造部分の解体工事が終わる 。


DSC_1927.jpg   



DSC_1937 (2) 






DSC_1996.jpg  
2011.11.10    いつもとちがう景色に陽が落ちていく


002 SH
Nikon D60 






















スポンサーサイト

鹿ノ谷  -洋小屋解体- (1)


夕張市鹿ノ谷機関区動車庫解体工事のようす。
屋根の鉄板、壁板、窓台などの撤去。洋小屋トラス解体の準備まで
111024_153402.jpg 



111029_081612.jpg 



1268.jpg 




DSC_1565 (2)




111031-2.jpg   




DSC_1600.jpg 




DSC_1683 - 2 




DSC_1610.jpg   



DSC_1692.jpg  




DSC_1710.jpg  




DSC_1207-2.jpg 
 




















































notitle


Imageる1205 (800x537)
 





Imageわ1516 





Imageか(800x537) 









notitle


 DSC_1198 - コピー (537x800)
 




DSC_1180 - コピー (536x800) 





DSC_1171 - コピー (536x800)   






DSC_1296 - コピー (800x537) 


Nikon D60  Ai Nikkor  35-70  f3.3-4.5s





no title

Imageろ 






Imageほ3 






Imageり 



Nikon D60 Ai Nikkor 35-70 f3.5-4.5s  /  Dx Nikkor 18-55 f3.5-5.6 VR











11月  -夕張鹿ノ谷ー

イメージに 


大工になり20年を迎えた11月。     
この節目に家づくりのフォトブログみたいなものを始めようと思った。

いま、10月末から現在使われなくなった機関庫の解体をしています。
これは昭和17年頃に建てられた旧夕張鉄道の鹿ノ谷機関区動車庫の解体再利用の工事です。
少しづつその様子を載せていきます。

  
       

Imageは 





























プロフィール

ヨシキ

Author:ヨシキ
1968年 北海道札幌市生まれ
江別市在住
建築大工

仕事とその周りで出会うことの記録。
暮らしの中で出会う光景などを写真で紹介します。

最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。