スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薪小屋の仮組 6.8




薪小屋の仮組をしました。

この薪小屋の骨組みは合板や筋違を使わず「通し貫」で建物を揺れないように固めます

合板を張らないことで、通気性もよくなります

DSC_6473.jpg 






DSC_6472.jpg 
柱の枘(ほぞ)取り加工の様子




DSC_6475.jpg 
木で組み合わせてあるだけなので簡単に組立、解体できます

現地で建てこむ時は柱に「通し貫」を貫通させて、木栓やくさびを使って頑丈に骨組みを固めます




DSC_6481.jpg 
骨組みのスケールはこんな感じ。

組み立てると想像以上に大きかった。(約1.8m×6m)


このあとは壁、屋根下地材の準備です。





DSC_6775.jpg 




DSC_6777.jpg

6月11日。  追加の写真です











コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨシキ

Author:ヨシキ
1968年 北海道札幌市生まれ
江別市在住
建築大工

仕事とその周りで出会うことの記録。
暮らしの中で出会う光景などを写真で紹介します。

最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。