さよなら ジョンバ 4.10








今日はあたたかい一日だった。 

まだ雪はたくさん残っているけれど、 ミドリはないけれど、 春らしい 一日だった。

さよなら 「ジョンバ」


DSC_4487.jpg





 DSC_4494.jpg





昨日久しぶりに記事を書いていたら書き終える寸前にすべて消えてしまった。

4月9日なので、タイトルが  「 幸。 来る 」 4.9  だった。  しあわせがどこかに行ってしまった気分・・・に

内容が多少変わったけれどめげずにまた書きました。 

これから忙しくなりそうなので更新が少なくなりそうです。






DSC_4436.jpg 


4月7日、武部建設ショールーム「結ホール」で南川加門さんの落語会の定期公演第6回目が開催されました。

今回、南川をあらため 「幸 加門」となりました。 きょうは4月9日。 語呂合わせで 「幸がくる」 です

そこで、その 幸加門さんのライブの様子です。

当日は残念ながら落語の途中からの会場入りでしたが・・



DSC_4421.jpg   






DSC_4450.jpg

第2ステージ。  カバー曲とオリジナル曲の弾き語り。 いい歌声です 。 たのしい語りも交えて 
  
僕は最近 クラシックギターのなめらかで柔らかい音が気に入っている。   

ホールに広がる音が心地いい



DSC_4471.jpg

特別ゲストのヴァイオリニスト 杉田智子さん


静かに聞こえる暖炉の薪の音、 ヴァイオリンの音色がやさしくホールに響く

遅れて来たが久しぶりにヴァイオリンの生演奏を聴けて良かった






DSC_4429.jpg 





DSC_4432.jpg  

いい音を聴かせるには細かい調整がたくさん

昔、趣味で曲作りをしていたのでこんな機材が気になったりします。 このつまみのカラフルさが大好きです

家に帰ってから14年前頃に作った曲を聴いてみた。 少し恥ずかしい気分に・・・ こんなんだったか・・・?

夢中になって何かに打ち込んでいた気持ちは甦った ・・・ かな?  

ライブなどで刺激をうけるのはいいことです





DSC_4462.jpg 

「オホーツクの塩」  製造の社員も会場スタッフとしてコンサート運営に参加。 会場も和んだ雰囲気に


DSC_4463.jpg 








DSC_4475.jpg 

最後の演奏

加門さんが大切に歌い続けてきたオリジナル曲「さよなら静狩」がCDになりました。

そのCDにヴァイオリニストで参加している杉田さん。 収録されている 「さよなら静狩」インストルメンタルを生演奏。 

よりメロディーが引き立つ感じで 。

DSC_4479.jpg 









DSC_4523.jpg 

きれいなブルーの素敵なジャケットです

3曲目の 「心のふる里」もどこか懐かしく、自分の幼い頃の情景が浮かぶ感じ。 

移り変わっていく町に残されたものを大切にしたい・・・ そんな気持ちにもなります








[4月から]


3月31日でブログが終わったかのように更新が途切れていました。  忙しかったり、やまでウルシに負けたり・・・

3月で山の仕事から抜けて、4月からはこの冬の雪害によって壊れた建物の修理などをしています。しばらくこの様な仕事が続きそうです。

今になると除雪、雪下ろしをしていたなら防げていたような雪害に思われますが、 やっても、やっても追いつかない・・・、捨てる場所がない・・・ほど

の大雪だった。

特に古い建物などは積雪に備えての屋根や躯体のチェックが必要と感じました。

わずかな手入れで防ぐ事が出来た建物の倒壊も多かったと思います。 











 












コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨシキ

Author:ヨシキ
1968年 北海道札幌市生まれ
江別市在住
建築大工

仕事とその周りで出会うことの記録。
暮らしの中で出会う光景などを写真で紹介します。

最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR